スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しています

 27, 2016 19:43
皆様、ご無沙汰しております。

何のご挨拶も出来ませんでいましたが、昨年中はお世話になり、感謝申し上げます。

本年もよろしくお願い致します。


クリスマスカードや年賀状も頂いていますが、到着連絡もお礼も出来ず、大変申し訳ありません。
心から、お詫び申し上げると共に、感謝申し上げます。

後ほど、個々にご連絡したいと思いますので、どうかもう少しお許し下さい。



img027.jpg


娘との別れ



娘(ワンコ)が、わたし達の元から旅立って、明後日で四十九日になります。

旅立つ? いいえ。 魂が源へ還ったと言うのが正しいかも知れません。


あの日の娘は、ご飯もお水にも口をつけず、1日中お昼寝ベッドにぐったりと横たわっていました。


子供たち(ワン's)は、主人を玄関の前で出迎えるのが毎日の日課でした。

それは、娘だけになった後も、四肢麻痺を克服した後は続いていたのですが、この頃は迎えにでられない日もありました。


あの日も、この状態では無理だろうと考えていたのですが、主人が帰る頃になるとすくっと立ちあがって、いつもは行かないドアの前まで行き、ドアが開くとちぎれんばかりに尻尾を振っていました。

今夜、「さよなら」ではないかと、主人もわたしも感じたのを昼間電話で話していたので、ほっと肩を撫で下ろしていました。


お昼寝ベッドに戻った娘は、また眠ったようでしたが、しばらくすると娘が呼んだように感じ、振り返ってみるとまた無言の発作を起こして、尿も漏れだしました。

意識は、全くない状態で、心拍も停止してしまい、すぐに心臓マッサージを始めましたが、もうこのまま静かにに眠らせてあげようとその手を止めました。



12月に入って、わたしの目をじっと見た娘は、「ごめんね。クリスマスまで、がんばれないかも知れない。」と・・・ だからある程度の覚悟というか、心の準備はしていたつもりでしたが、寂しさや、もっとこうしてあげれば良かったんじゃないかと言う後悔や、思い出や、いろんな事が頭を駆け巡り、未だに毎日涙を抑える事が出来ません。


3年連続して愛おしい子供たち(ワン's)とお別れをする事になってしまいました。

P2040894.jpg


この子の葬儀・火葬も先に逝ってしまった2ワンと同じところにお願いしたのですが、我が家へ来て数か月はポケットに入ってしまうような小さな体だったので、骨も他の子の時と比べかなり小さかった。

img040.jpg


骨は、他の子供たちと同じように、粉骨してもらいました。

いずれわたしの骨と一緒に海に撒いてもらうつもりです。

四肢麻痺なるまでは、何の病気もすることなく、いたずらもすることなく、下の子の面倒はよくみるし、こちらの言葉も良く理解する子でした。




本当に、愛おしかった子供たち(ワン's)。



P1100113.jpg

(今もこうして3ワン仲良く並んで寝ているのかな)


家の中は、静まりかえっています。

あの子の使っていた食器やお昼寝ベッドやトイレ等も、まだ片づける事が出来ずにいます。


わたしが、こんな状態では優しい子供たち(ワン's)は、気が気ではないでしょう。

頭では、理解しているのですが・・・  ダメですね。


_MG_4757_512.jpg



重度のペットロスなのかな?


色んな事が、頭の中をかけ廻ってしまい、文章を上手くまとめらませんが、もう少し落ち着いたら「ものづくり」も再開したいと考えておりますので、その時はまたよろしくお願い致します。


娘の事を気にかけてくだった方々、また私事を長々と呼んでいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。