本日、2度目の記事ですが、何だか記事の順序がバラバラだし、upしてないものもあるのですが、取りあえずはTimの新発売のダイで、Ghost Houseを作ってみました。


Sizzix Bigz L Die - Village Manor - Tim Holtz  Ghost House 





Village Manorのダイ、国内販売は遅いのでは?と思い、海外ショップに先月予約していたのですが、販売後すぐに発送してくれたものの、何せ日数が掛るので届く前には「みゆさんのショップ」で販売してた~!!なんという誤算!! でも他に欲しいものもあったから良いか~!!





その話は、さておき取り合えず形にしてみましたが、早く完成が見たくてとにかく手抜き!!

地面もジオラマ風にするつもりがペーパー貼っただけだし・・・(汗)

着色は、いい加減だしで、良いものが作れるわけない!! おまけに撮影もダメダメですが、ご覧下さい。





最初の写真は、夜間撮影でしたが、あとは日中の撮影です。

Sizzix Bigz L Die - Village Manor - Tim Holtz  Ghost House 



全体的にはこんな感じで、建物の中にはライトを仕込んでありますが、1階左の窓には「クモの巣」、2階の窓には「ゴースト」がいます、最上階の屋根には大きな蜘蛛もいますが、分りますか?


Sizzix Bigz L Die - Village Manor - Tim Holtz  Ghost House 







Sizzix Bigz L Die - Village Manor - Tim Holtz  Ghost House 







門には、やはり新発売のSizzix Thinlits Die: Gothic Gate– by Timを使っています。

Sizzix Bigz L Die - Village Manor - Tim Holtz  Ghost House 


門番には、ガーゴイル。








門をくぐると、棺桶に入った髑髏。

Sizzix Bigz L Die - Village Manor - Tim Holtz  Ghost House 








違う向きから見た感じ。

Sizzix Bigz L Die - Village Manor - Tim Holtz  Ghost House 




まぁ、これはこれで良しとしよう!!





使ったダイは、

Sizzix Bigz XL Die  Vintage Village by Tim Holtz

Sizzix Bigz L Die - Village Manor by Tim Holtz

Sizzix Thinlits Die: Gothic Gate  by Tim Holtz

Sizzix Bigz Die - Branch Tree by Tim Holtz

Sizzix On the Edge Die - On the Fence Tim Holtz


スポンサーサイト

Village Surf Shack by Tim Holtz #2

 28, 2016 13:52
前回のものと、屋根の色や壁のペーパーを変えたものです。

Beach house using Village Dwelling by Tim Holtz #2






Beach house using Village Dwelling by Tim Holtz #2






Beach house using Village Dwelling by Tim Holtz #2






Beach house using Village Dwelling by Tim Holtz #2






二軒並べてみました~♪

可愛い~と自画自賛。

もう一、二軒作ろうかな(笑)

Beach house using Village Dwelling by Tim Holtz #2




※全体的にピントが少しずれていまーす(汗) 



使ったダイは、

Sizzix Bigz XL Die  660992  Vintage Village by Tim Holtz     

Sizzix Bigz Die By Tim Holtz 5.5"X6"   Village Bungalow 661196   

Cheery Lynn Designs B646 - Surf's Up Set       

CottageCutz Surfboard 1 (Elites)






ポチっと応援してね♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

Bow Easy (リボンを簡単に作る道具)

 17, 2016 19:14
先日チラッと話したリボンを作る道具(関連記事)ですが、見てみた~いとコメントを頂きましたのでご紹介します。

Bow Easy (リボンを簡単に作る道具)



昔(健常の頃)、ワンコやお子様用のリボンを手作りして販売なんかもしていたので、作るのは得意な方でしたから、当時道具を使うことは考えもしなかったんですけど、よく考えてみれば健常の方でも作るのが苦手だったり簡単に作りたいと思う方がいるから商品化されてるんですよね~!!


こんなの感じで作ってましたよ~ 

P1150286-9.jpg



P1150152-9.jpg




リボンを作る道具は数種類あるようですが、わたしが使っているのは、自作出来そうなほど簡単なものです。

Bow Easy (リボンを簡単に作る道具)




説明書もスキャンしたのですが、作り方は動画の方が分り易いですね。


Bow Easy (リボンを簡単に作る道具)





こういった道具を使えば作るのが苦手だった方も簡単に作れるし、ちょっと面倒な二重や三重リボンもラクラクです。

今、海外ショップでの買い物はちょっとと思われる方は、下敷きを切って自作も良いかもです。
(日本で販売しているショップさんは未確認なので、探せばあるかも知れません)


小さいリボンだと指を使ったり、フォークで作る方もいるようですよ~。


【追記】

道具の自作、こんなの見つけました。






ポチっと応援してね♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村
カラーチャートを作ったら使おうと、購入したまま放置されていた【Zig Clean Color Real Brush】80色。





クリーンカラーリアルブラッシュは色数が多いので、カラーチャート作りは少し面倒でした。

だけどこれを作らないと~と、重い腰をあげた次第です。(笑)


kuretake zig clean color real brush color chart



水を使った時の感じも分るように、作ってみましたよ。


kuretake zig clean color real brush color chart


カラーチャートを作った良いけど、使いたい色を探すのが・・・

キャップの頭に色をつけたシールと横に大きく見やすい番号も貼っておこうかな。





コピックは、色と番号が分り易いので、使いたい色をすぐ探せるんだけど、使いたい色を選ぶのはやっぱりカラーチャートを使います。

このチャートは、3代目です。

COPIC color chart


今145色ありますが、まだ使いたい色が揃ってませ~ん。





Penny Blackのフェアリーちゃんを「コピック」と「クリーンカラーリアルブラッシュ」で塗ってみました~。

Penny Blackのフェアリーちゃん COPIC

コピック




Penny Blackのフェアリーちゃん Zig Clean Color Real Brush

クリーンカラーリアルブラッシュ





Penny Blackのフェアリーちゃん



どっちの方が良いかな?

まぁ、どっちもまだまだ練習せねば~。



※いただいたカード類、まだご紹介できていないものがあります。

遅くなってしまって、ごめんなさい。





ポチっと応援してね♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

「上羽絵惣」の顔彩

 02, 2016 14:37
ご連絡を差し上げたい皆様に、メールでご挨拶させていただきましたが、上手く言葉が伝えられず・・・

それでも皆さんのお返事が届き、大変有難く思っています。

少し先になると思いますが、お手紙を送りたいと思っていますので、気長にお待ちくださるようお願い致します。


と言うのも・・・ 来月からマンションの大規模修繕工事が始まるのです。

娘の事もあり、すっかりうっかりで、大慌てです!!

ベランダの物を全て撤去しなければいけないのですが、ベランダには全く隙間のないほどの何百鉢の植物や、鉢を置く鉄製やアルミ製の家具類やベランダを彩る小物やアンティークの農具など、もうすごい事になってる。

管理会社に問い合わせしたところ、有料ですが預かってくれる所を紹介できると言うので(でも現時点は量が多すぎると・・・)、もうどうしても大事で捨てられないものはそこへ預かっていただこうかなと考えています。

わたしにとってはどれも捨てられない物なんだけど、心を鬼にして昨日も多肉100鉢位は処分しました。

それでも、まだほんの1部・・・ 先は長~い。 考えると頭が痛いです。 昨日だけでも、全身筋肉痛(笑)

でもそんな事言ってられないので、がんばります。






さて本題に入ります。

毎年、スタンプやカード作りをガンバルと言いつつも口だけで終わっていたのですが、昨年は、そこそこ出来たのではないかと思っています。

そこで2016年は、日本文化にも触れたいと考え日本最古の日本画の絵の具専門店「上羽絵惣」さんの12色角顔彩(特製)と金と銀の鉄鉢顔彩(並製)を購入してみました。

「上羽絵惣」の顔彩



12色の顔彩(特製)の内容は、白緑、群青、臙脂、青草、朱、藍、黄土、紫、山吹、胡粉、緑青、岱赭 です。(角顔彩12色セットは、この上の「最上」と言うものもあります。)

顔彩は、混色しても2~3色までで、なるべく混色は避けた方が良いようだから、もっと色を増やしたいな~。

と思い・・・ 木製パネルや用紙も何種類か買いたいものがあったので、ついでに「顔彩 オーロラ 6色セット」と「顔彩 メタリック 6色セット」も注文しちゃった。

P2040986.jpg


顔彩 オーロラ 6色セット

顔彩 オーロラ 6色セット
価格:972円(税込、送料別)

顔彩 メタリック 6色セット

顔彩 メタリック 6色セット
価格:972円(税込、送料別)



海外でも絵を描く他、スタンパーさんたちの間でも使っている方が多いようで、顔彩をちょくちょく目にします。

わたしも初めのうちは、スタンプやカード作りに使ってみて、いずれは「日本画」にも挑戦してみようかなどと考えていますよ~。


ベランダの片付けとコピック練習もしたいので、顔彩に手をつけるのはまだまだ先かな~。


ポチっと応援してね♪



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


WHAT'S NEW?